グルウサン著 クラリネット学習の為の合理的原則(基礎編)クラリネットレッスン

初めてのクラリネットを持つ方は、グルウサン著 クラリネット学習の為の合理的原則(基礎編)から、始められる方がほとんどです。

 第一課程はロングトーンから始まります。

指の形、息の吸い方、アンブシュア(口の形)、音色、音程などに注意してレッスンをすすめています。
 各ページの一番下には箇条書きで注意する事が書いてある。なかなかすばらしい事が書いてあり、まだその段階では難しいと思われることもあるが、教える方も為になる教則本です。
 特に好きなのは「親指と口の関係を保つ」
        「努力の成果は次の課程に現れる」

 第3過程からレジスターキーを使うことにより、左親指の重要性や癖なども直すことができます。

基礎をしっかり学べる教本です。

untitled