クラリネットのスケールを演奏するときの3つのポイント

 

スケールや演奏しているときは、何に気をつけているかな???

音がどこにむかっているか?

これも考えていないとバレます。何気なくただ指だけまわしていませんか?

口の中の空間・下の位置

これを変えることにより、息のスピードが変わり音色・音程にも影響します。

スピードの速い、細い息を目指しましょう。

姿勢や指の形や押さえ方

これも鏡で確認しながら今までの癖を矯正します。

どうしても指にとらわれがちですが、ゆっくりさらっているときに色々考えられます。

早さ重視ではなく時間をかけて丁寧にさらってみましょう。