クラリネットできれいな音を出したい!

いい音、いい響きでクラリネットが演奏したいですね。

ロングトーンも大切なのですが、ロングトーンのやり方も重要になります。

 グルーサンの教則本は、高音も無理なく出せるように書かれています。

 ①まず低音を十分にならしてから、レジスターキーをおします。この時、アンブッシュアが崩れないようにしましょう。

 ②十分な息と、十分な音を出しましょう(リードミスがなってもかまいません)この時、音の方向がや圧力が上手くコントロールできないとリードミスがでてしまいます。

 ③お腹の意識を高めるために色んな姿勢で楽器を吹いてみましょう。

 ④十分に音がなって、たまにリードミスが出たら音の移り変わりの時に耳に意識を移しましょう。指の感覚を大事にしましょう。

 ⑤よく音をきいてFから上がぶら下がらないようによく聴きましょう

 ⑥全てにいえることなのですが、出来るだけ素晴らしい生の音を聴いて自分の耳を作っていきましょう。

 グルーサンなら、第3過程からレジスターを使う練習になります。

 まずは、音が汚いと悩むより、きれいなアンブッシャーを作ると方がより解決すると思っています。